最新の投稿

この夏、作ったお洋服(4)

ゆったりニット地の夕涼みワンピース

秋風が吹いてきてしまってアレなんですが。いつもの鎌倉スワニーで見つけたニット地です。スムースっていうのかな?わりと薄地でフラット。縦横とも、さほど伸びないので扱いやすいです。

(1)のブラウスの型紙にスカートをくっつけただけという安直なデザインですが、わりと良くないですか?w

ゆる〜い感じにしたくて、長めに作ってみました

襟ぐりは見返しではなく、共布バイヤス仕立てに。ニットは伸びるので、こういう時は便利です。

スカート部分はただの四角形(横長の長方形)。ギャザーを寄せてウエスト部分に結合します。
なるべく均等にギャザーを寄せてしつけしてから、ウエストにピンで止めて縫うとキレイで簡単かと思います。具体的にはウエストを4等分、スカートも4等分、そのなかで分量を配分。

胸の下あたりで切り替えれば、チュニックも作れますね。ふわっとした生地を組み合わせても可愛いかも。


バーゲン生地なので素材はよくわからないのですが、サラッとしていい感じ。そのままだらっと着れば涼しげです。インドシルクのストールなんか合わせればちょっと外出もできます。夏は気楽なお洋服がいいですね!

今日のお天気ならもうこんな感じかな〜

この夏、作ったお洋服(3)

ダブルガーゼのピンタックブラウス

涼しげなダブルルガーゼのブラウス ピンタック入り

いつもの鎌倉スワニーで見つけた水玉の生地。淡いイエローグリーンが可愛くて一目惚れ。お値段もお手頃だし、さっそくロールになった生地を引っ張り出してレジへ・・・と思ったら、なんと広幅(148cm幅)じゃないですか!冬物のウールなんかは広幅が普通だけど、夏物には珍しいですよね。着丈で作れてしまいますから、ちょーお得!こういうレア(?)ものが出てくるのもスワニーの楽しみなんです。

(1)のブラウスの型紙に胸元と背中にピンタックを入れてみました。規則正しい水玉が目安になって、縫いやすかったです。(まあ、他人のピンタックの柄のズレなんて誰も見てないだろうしw)

ふわっと風が通る感じで涼しいです。

一応、ピンタックの作り方です。
タックにしたい分量(出来上がりの2倍)をたたんでミシンをかければOK。
襟ぐりは見返し仕立てにしましたが、バイヤス仕上げでもよかったですね。むしろそっちにすればよかったかも・・・です。

ダブルガーゼのピンタックブラウス
ダブルガーゼなので裏は白。透け感も気にならないかな。


薄手で軽いダブルガーゼは夏にぴったりで着心地がいいです。写真は薄手デニムのギャザースカート(だいぶ前にGUでお買い上げ)と合わせて、近くに買い物行ったりの普段着です。

旅行だとか、ビアガーデンとか野球場(定期的に従兄弟が誘ってくれる)行ったり、そういうことができないけど、それでも楽しく過ごしたい。ご近所ウロウロする日々にもなんか・・・なんかないかな?
と考えたひとつが、手作りでご近所服を充実させよう!だったのですが、かなり楽しいです!

おうちで優雅とはいかなくても、心地よく・・・ね!

・・・そして、作詞家の安井かずみさんにまつわるお話を思い出しました。
昔むかし、いつだったのか、どこで、どんな媒体で読んだのかすらも忘れているので、正確ではないのですが、心に残ってるお話があって。


 安井さんは、朝、旦那さまの加藤和彦さんを仕事に送り出した後、ひとり中庭のテーブルで、白いドレスをお召しになって紅茶をゆっくり飲むのが習慣だったというのです。優雅です。。。

フェリスのお嬢様だし、やっぱセレブすごい!なのは確かなのですが、そういう時間に作詞のアイデアとか浮かぶのかなぁって、うっとりしてしまったのを覚えています。ご自身のひとりの時間をとても大切にする方なんだなぁ、素敵だなぁと。古い記事など検索して眺めていたりします。

白い服で紅茶!たちまち染みをつけてダメにしそうな庶民には・・・遠い。
ま、自分らしく無理のない楽しみ方ができたらいいかな。

レース編みしながらビーズを編み込んだ衿

言葉で説明するより写真を見ていただいたほうがわかりやすいかも、です。

レース編みでビーズ編みで・・・なんて言うんだろう?ビーズクロッシェの一種でいいのかな

  

たぶん「ビーズクロッシェ」。

鮮やかなエメラルドグリーンの襟元に、麻糸(ラミー)でつけ衿(?)というのかな。
お友達にいただいた、素敵な色のブラウスなのです。このままでもいいのですが、少し前に「ビーズクロッシェ」というものに目覚めて、応用しちゃる!という気分になったのです。

ビーズクロッシェにもいろいろあると思いますが、あらかじめ糸にビーズを通しておいてレース針で編む、ということで間違っていないかと思います。なんか新しい編み物を覚えた気分になって、楽しくて小物を作っていたのですが、このたび ”お洋服デビュー”しちゃったのでした。

このくらいの大きさにすると「糸を編んでいます」感がわかるかな?

  

せっかくなので、全体像をごらんください。

夏の間、ライトオンスで色も明るめデニムのスカートと合わせて着ていました。

なんとなく要領はわかってきたので、秋冬ものも編んでみたいな〜。

   

この夏、作ったお洋服(2)

今度はワンピースに挑戦してみた

ちょー簡単なブラウスの次はワンピース。基本、作り方は一緒で丈が長いだけだ!ということで。

渋めカラーのコットンに刺繍のある生地です。オトナかわいい(?)風かな。裾に向かって生地巾いっぱいに使って、スカートがふんわりフレア。切り替えなしの型紙で、作るのは楽だけどきれいにフレアでるのかな?(モデルさんが着ているのはきれいなシルエットだけど、私が着ても同じ結果になるのか?)とかまぁ、多少不安はありましたが、とにかく縫ってみました。

ブラウスと基本は同じです。袖ぐりの見返しがけっこうカーブがキツいのできれいに縫うのがムズイ。面倒だけど、ちゃんとしつけしてから縫います。直線ならピンかクリップで大丈夫なのですが。

今回も鎌倉スワニーで。バーゲン生地よりはちょっとお高めだったけど、なんとか外出OKなものができたようです。

むぅ・・・なんかシワっぽい(笑) 写真撮る前にはアイロンしっかりね!

nunokoto.fablic さま  今回も型紙いただきました!ありがとうございます。

※型紙では裾幅いっぱいフルレングスのワンピですが、丈は勝手にアレンジしています。その際、裾をカットするのではなく、裾は生地幅いっぱいのまま使っています。そうすれば裾ふんわりのシルエットを壊さないですよ!(丈を変更する時はぜひ)

この夏、作ったお洋服(1)

引きこもりな夏でしたが、お家でちまちまと洋裁などしてました。

気軽で涼しげな服が欲しいなと思い、麻のプリント柄でブラウスを。ほとんど直線ばかりの簡単なデザイン、普段あまり着ないプリント柄を選びました。

鎌倉スワニーが好きで、たまぁ〜にセール生地を探しに行きます。特売コーナーや訳あり品を探すのがそれはもう楽しくて楽しくて♪

これは麻100%のシャリっとした夏らしいプリント。こんな大きな柄、着たことなかったんだけど・・・。1枚で着るブラウスはハリのある生地の方が仕立て映えするみたいですね。まとわりつくと余計暑いし、麻は涼しいです!

少し、詳細を】

パーツは前後見頃と襟ぐり見返しのみです。袖も裾も折り返して縫うだけ。
フロント中心の切り込み(開き)だけがアクセント。といってもこれは飾りなわけではなく、開きがないと頭が通りません。つまり後ろに開きがあってもいいわけです。なんならサイドの襟ぐりを少し深めにすれば、開きも要りません。インナーにキャミなど着れば見えてもというか、見せてもかわいいですし。そこらへんはお好みで。

見返し側に薄い芯地を貼って中表に縫い、切り込みを入れて表に返してステッチです。切り込みを入れるのはちょっと緊張するし、表に返してアイロンで形を整えてステッチをかけるのは多少面倒かもしれません。
が、そこだけがんばれば何とかなるうれしいデザインです。

nunocoto-fabric  かわいい生地がいっぱい。型紙いただきましたー!
秋には北欧風うさぎ柄の生地買っちゃおうかな。

至近距離のノロ・・い・・

(久しぶりにいろいろいじっていたら、だいぶ前に書いたもの・・・公開し忘れ(笑)がでてきました。季節は春・・・だったはずです。えへへ)

季節もいい感じだし、近所を散歩してみることにしました。
高台の住宅地から隣町へ抜けるルートがあるという話を聞いて、ちょっと行ってみたくなったのです。なにしろ、ご近所探検からはしばらく離れていたのでそして帰りは隣の駅前のポンパでバゲット買って帰ろっと。そうだ、そうしよう♪

ほんの5分も坂を登れば(けっこうキツい)ぐっと眺めもよくなります。さらに登ると(今度はマジでキツいw)目の前に海が広がって、房総半島が見渡せちゃう!これはナイスな場所じゃないですか〜。

小さなお子さん連れの女性や、ウォーキング中のご年配の方、公園でペットと若者・・・などなど絵に描いたような平和な昼下がりです。
のはず・・・でした。
いえ、あの、肝心の「隣町へ抜ける道」というのがみつからないのです。なんかさっきもここ通った気がするんですけど?Google先生、こ、これGPSずれてませんか?

けど・・・というか、えーと、どっちから来たんだっけ。いやいや、それはないない。だって、うちのあたりここから見えるもん!問題はそこへ向かう道がみつからない・・・ような。なんかもう、うちの町内からワープして隣の町内入ったら二度と戻れないみたいな状況?そんな、いやそんなはずはないっ!

第一、自分ちが見えるような距離で迷子になったら、何言われるかわからないっ!

ここは素直に道行く住民の方にお尋ねした方がいいのかな?
でも・・・。

「スミマセン。◯◯方面に抜ける道を教えていただけますか?」
「◯◯? あら、どちらからいらしたの?」(←不審者でないかと確認してるっぽい)
「えーと、すぐそこの△△から散歩に来たんですが・・・」
「嘘おっしゃい!そんな近所で道に迷うわけないでしょ?だまされないわよ!」(時々、「オレオレ詐欺、騙されないぞ!」とパトロールしてるのだ)
「いえほんとに△△の・・・」

なんてことになったらどうしよう?

同じところを何度もウロウロするのは怪しいので、逆方向を探検しようと覚悟を決めて進んだら、とつぜん、住居表示が変わった!!ヾ(*・×・)ノ ♪
・・・もはや国境超えた気分です。

隣町の方向へ進んだのが間違いだったらしく、反対方向にぐる〜っと迂回して抜ける道だったのですね。ノロにやさしくない道路だった・・・。たまたま地形でそんな結果になったのかもしんないけど。

あー、無事に抜けられてよかったわぁ。。。やれやれ。(これ、夏だったらたぶん倒れてるから)

MENU
PAGE TOP