柚子とデコポンのマーマレード


マーマレードが大好きです。
ちょっとだけほろ苦い、柑橘の皮の味と食感がたまりません。

年末にご近所の方から柚子を1キロくらいいただたので、「柚子ジャム」のレシピをみつけて真似してみました。ええ、お風呂に入れるだけじゃもったいないもん!

けっこうめんどくさかったです(笑)

【したごしらえ】
まず柚子は半分に切って果汁を絞ります。これはレモン絞り器(手動)を使いました。皮と種と中の袋(?)を分けます。
皮は薄く刻んで水に漬けてアク(苦味?)抜き。これを3回。
種も水に漬けて種の周囲のにゅるっとした成分(ペクチン)を抽出。
渋皮のついた袋も細かく刻みます。

【煮ます】
厚手のお鍋に水気を切った皮、刻んだ袋、抽出したペクチンの水、お砂糖を入れて火にかけます。煮詰める加減はお好みで。
私は皮が歯ごたえしっかり残ってるくらいが好きです。

【瓶詰め】
熱湯消毒した瓶に詰めてできあがり。

めっちゃ美味しくできました!!!ʕ·ᴥ·ʔ ♡*:.✧
トーストに塗ったりヨーグルト、紅茶にも入れてます。

【作ってみて、いろいろ】
柚子の袋の部分は酸っぱくて苦そうだったので、量を少なめにしました。
そしたらちょっとペクチンが不足のようだったので、ちょうどあったデコポンの皮を刻んで追加。こちらはアク抜きもしてません。ドサッと入れてしまったので、これでは果汁が足りないか?と思い、缶詰みかんを少々追加。
・・・などというテキトーなことやりましたが、問題なかったです、ふふふ。

皮のアク抜き3回をきちんとやり遂げれば苦味もなく、爽やかで繊細な柚子の香りが広がります。他の柑橘と合わせてもいい感じなので、また作ってみたいです。

その後、今度はデコポン中心のマーマレードを作りましたが、こちらも美味しいです。
デコポンを絞ってしまうのはもったいないので、みかんを使いました。こちらにも柚子をプラス。やっぱりちょっと苦味の効いた皮や果実も混ぜたほうが、味が深まるような気がします。甘夏なんかも試したいですね。あと、湘南ゴールドとか美味しそうだなぁ。

参考にさせていただいたレシピはこちら

ʕ•ᴥ•ʔ 次回は梅ジャム公開しまっす

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です